1990年代のバブル崩壊以前まで、多くの企業は異文化理解という問題をそれほど重視しておらず、むしろ赴任先での生活がスムーズに行えるよう現地事情に関するセミナーを海外赴任者を対象に行うような形が一般的でした。また赴任先も欧米(一部は韓国や台湾)であることが多く、異文化というよりも、いかに英語力を赴任時までに引き上げるかという点に焦点が当てられていました。

バブル崩壊以降、グローバル化が加速すると、多くの日本メーカーがコスト削減のために海外移転を積極的に推し進めるようになります。この時期には特に中国やタイといったアジア諸国への進出が急増し、それにともない、現地の社員や工員をいかに日本型システムに順応させて効率的に働かせるか、また十分に管理・監督するにはどうすればよいのか、という課題が大きな関心事となります。特に中国人社会は日本のそれとはまったく仕組みが異なっており、そのため多くの日本人が自社工場の現地化を試行錯誤で推し進めることになりました。

その後、2000年を迎え、日本企業のブランド力に陰りが見え始めると、海外における現地社員の地位が相対的に情報をはじめ、もはや「ブランドのある日本企業なので多少は我慢しても日本式企業文化を受け入れる」という状況は過去のものとなり、多くの日本企業は、外国人/現地人社員をビジネスパートナーとして受け入れ、彼らといかに協調しながら成果を出すべきかという問題に直面することになります。

異文化理解するに対する意識の希薄さ

096588

そこで分かったことは、海外の事情や文化に対する理解を充実させることの重要性に対して、多くの日本企業が非常に無関心であったことです。これまでは日本企業が海外に行けば、日本のブランド力と円の力で海外パートナーや現地労働者を指揮することができ、日本国内では「郷に入らば郷に従え」とばかりに外国人社員を「日本人化」することでなんとかなっていたのです。

しかし今日多くの日本企業は日本型ビジネスモデルの限界を痛感しており、優秀な外国人社員を獲得することはおろか、海外拠点においても十分な成果を上げづらくなってきているのが現実です。

こうした問題の根本にあるのが、異文化理解するに対する意識の希薄さにあると言えます。しかしグローバル化の中に放り込まれた日本企業はさまざまな点で待ったなしの状況に置かれています。実際にグローバル化の中で後手に回ったかつてのエリート企業の中にも市場から姿を消したものも少なくありません。

 

世界の市場で「おいしくて魅力的」な企業になるために

1572921

これからは、優秀な外国人社員/現地人社員を集め、異なる常識を持った人間とのチームを作り、彼らのやる気を支え、団結させると同時に、こうした多文化チームから外国市場にも魅力的なイノベーションを素早く生み出し、スピーディーに決断を下し、異文化の市場を開拓し、異文化のパートナー企業とシナジー効果を生み出す、そうしたスキルを持つ日本人社員の育成、そしてそうした人材を内包する企業文化の構築が求められています。

海外における日本企業のプレゼンスが低下したのは、単にコストで新興国に差を付けられたからではないでしょう。先進国の産業パラダイムが、職人的経験知を基盤とした製造業モデルから、サービス業およびデジタルテクノロジーへ変貌した今、外国の関与なしに、日本人の視点と経験だけで世界に通用する商品を開発・提供することはほぼ不可能と言えます。アジアで成功を収めている味の素やスズキ自動車は、現地における異文化の壁を乗り越えて、徹底したローカライズを図ったことが、成功をもたらす大きな要因となったと言われています。

ライフネット生命の創始者である出口治明氏は、あるセミナーで「企業というのは料理に似ている。異なった多くの材料がうまくブレンドされているものがもっともおいしい」という話をされていましたが、グローバルビジネスにおいても同様のことが言えるでしょう。グローバル企業という皿の中で、さまざま異なる常識や価値観を持つ人間が多く、しかもバランスよく混ざりあう、そんな企業こそ、世界の市場において「おいしくて魅力的」な企業になるのではないでしょうか。

工場社員に効果的な企業の英語研修とは?
成果を上げた企業英語研修の成功事例
企業が英語研修サービスを探す前に考えるべきポイントは?
企業向け英語研修~オンライン英会話の選び方
<企業向け英語研修>ビジネス英語と日常英語の違いとは?
<企業向け英語研修>部署別に必要な英語力とは?

 

Smart Habit Enterpriseの資料ダウンロードはこちら