英語の実力がTOEIC L/Rで700点代後半を超えると上位10数パーセントという上級者クラスの仲間入りをします。このレベルは英検準1級から1級に差し掛かるレベルであり、学習書で目にするような英文であれば、文法的にも語彙的にも難なく理解できるはずです。

しかしそうしたスコアを持つ人でもリアルな場面では思うように言葉が通じなかったり、聴き取れなかったり、または意味が分からないなど多くの問題に直面しているのも事実です。初中級レベルだったころはインプットと筋トレ(実際に話す・聴く・書く・読むを実践する)を繰り返せばそれに比例して実力がアップすることが実感できたのに、このレベルになるとなかなか上達している実感が感じられない、という悩みを持つ人は多いものです。

では一体何が問題なのでしょうか?それにはさまざまな複数の原因があり、その組み合わせも人によって異なります。またその処方箋も、学習者がどのレベルにまで行きたいのかによって異なってきます。

伸び悩みの原因は?

上級者

まずざっくり言うと、第1の原因は、脳内の英語回路がまだ十分完成していないことがあります。まだ英語が「知識として学んだ」外国語であり、長年乗りなれた自動車のように、自分の手足の延長線になっていないためです。英語による脳内回路を作るためには、できるだけフル英語の環境で人間相手に会話のやり取りを行うしかありません。簡単に言えば練習不足と言えるでしょう。

第2の原因は入力がまだ足りないことにあります。これを聞くと「え?!もう一万語近く暗記したのにまだ覚えなきゃいけないの?」と思う人もいると思います。しかしこのレベルからの入力は、「さまざまなトピックとそれに関連した語彙、表現、社会的知識」を現実世界の教材を通じて学ぶことです。これは入力不足の問題になります。

第3の原因は異文化面での経験が不十分なことです。英語と日本語ではコミュニケーションのありかたやそこで求められる理想モデルが異なります。例えば日本語の場合には、「なぜ?」と理由を聞かれた時、煩わしいので「まあ、いろいろな理由からだ」と答えても、そこから「じゃあいろいろとは何か?」と迫ってくるような人はあまりいないでしょう。しかし英語ではそうしたやり取りは珍しくありません。そこで突っ込まれてもそつなく返答できる力が求められます。

またわずらわしさを避けるためお茶を濁すなら、「いろいろ」という表現を使って墓穴を掘るより、別のストラテジーを使って返答するほうが効果的かもしれません。このように文化圏が異なれば、会話を運用していくストラテジーが異なる場合もかなりありあるわけです。このように「こんなシチュエーションなら、どう答えるべきか、そしてそのあとどうフォローすべきかを的確に判断できる力」を経験を通じて養っておくことが、異文化間をつなぐコミュニケーションでは非常に重要なスキルとなってきます。

 

伸び悩みを解決するためには

上級者2では具体的にどうすればよいでしょうか?まずは環境を用意する必要があります。できるだけ毎日英語を使う場面を増やすのです。友人を作るのもよいですし、学校に行ったり、英会話ラウンジに行くのもよいでしょう。また外国人の通訳を買って出たり、一緒に旅行などに行くのもよいかもしれません。

そのほか、物事を説明する際に、難しい語をやさしい語彙で言い換えたり(パラフレーズ)、より精緻な表現で言い換えるのも訓練になります。例えば「ロスを埋め合わせる」は口語的にはmake up forという連語で表現できますが、もう少し学者っぽく言うならcompensate forで言い換えることが可能です。

次に入力量の増加です。語彙レベルでは、TOEFLレベルの語彙(これはTOEICレベル語彙とネイティブが読む英語書籍レベル語彙の間をつなぐレイヤーとなります。さらに挑戦したい方はGREテスト用語彙もよいでしょう)、会話用イディオム、連語とコロケーション、英語で話せるトピックと関連表現をできるだけ増やしておくことです。

語彙はケンブリッジ大学出版の”English Vocabulary in Use”(各レベルあり)、連語やコロケーション(どの語彙とどの語彙が一緒に使われる傾向が高いか)を学ぶのであれば泰文堂の『コロケーション徹底演習』(実際には連語練習教材)、コロケーションでは『ケンブリッジ実用コロケーション』 中級編や”English Collocations in Use : Advanced”がよいと思います。

トピックと関連語彙を増やすにはTED、英語雑誌(ニューズウィーク、ナショナルジオグラフィックなど)、英字新聞があります。口語表現やイディオムを学ぶには映画のスクリプトなどがおすすめです。例えばLife is too short to deal with that.(人生そんなことに構っていられるほど長くはない)という表現も教科書には出てこないと思いますが、日常の口語表現としてよく使われます。

異文化的経験は、英語話者とのコンタクト時間と自分の発話時間に比例して自然と深まっていくと思いますが、機会があれば短期間でも留学したりホームステイするのがベストだと思います。しかしそれが不可能な場合は、テレビ番組や映画を使い、登場人物たちのやり取りをネイティブに解説してもらいながら勉強するのもよいと思います。

また変則的な練習法としてはボランティア通訳として知り合いの外国人を英語でガイドするという方法もあります。事前に文化・風俗・地理・歴史・政治・経済などの語彙を事前に入力する必要がある上に、文化的な違いを説明し、質問に答え、かつ自分の考えについても分かりやすい表現することが求められます。思いもよらなかった文化的な違いが体験できる可能性大と言えます。

 

 

・上級レベル直前の伸び悩みを解決する方法【心構え編】

・上級レベル直前の伸び悩みを解決する方法~【実践編】

・まずは基礎力UP!英語初中級者も安心、中学英語の知識をベースに行うビジネス英語研修

・【文章で話せない方は必見!】学習レベル別 スピーキング力の鍛え方(1)

・【文章で話せない方は必見!】学習レベル別 スピーキング力の鍛え方(2)

 

Smart Habit Enterpriseの資料ダウンロードはこちら