2020年が始まった当初はAIの進化がメディアに大きく取り上げられ、これが今後の業務ばかりでなく企業研修などにも幅広く応用されるだろうという話題が新聞や雑誌、ネット記事をにぎわした。

しかし、その後の新型コロナウィルスの感染拡大により、企業の企業研修や新卒採用は多大な影響を受け、さらには本業のオペレーションすらままならない状況に陥った。ウィルスの感染拡大を防止するために、テレワークを導入する企業が増え、公教育や大学でもオンラインによる授業が一般化している。これを可能にしたのが情報通信技術-ICT(Information and Communication Technology)で、企業や教育機関は非接触型の双方向型コミュニケーションが手軽に利用できるようになった。現在、多くのメディアやSNSではICTを用いてどのような効果的学習方法が可能かという議論が高まっており、その可能性に注目が集まっている。

しかしここで一つ注意しなければならないことがある。ICTはあくまでも情報伝達の技術であり、育成のターゲットとなる能力タイプや、その教育の方向性、教えるコンテンツ、またトレーニングの方法論とはあまり関係がない。平たく言えば、ハンバーグを食べるのに、ナイフとフォークの代わりに箸を使うというのとあまり変わらないかもしれない(もちろん場所と時間を問わないという点ではきわめて有利だが)。むしろ、これからビジネスパーソンに求められる①どのような能力を、②どのような方向性を持って、③どの程度まで、④どんなコンテンツを使って、⑤どんな方法で鍛えていくのか-という問いが重要になる。ICTはこの⑤に関わる方法論の問題に過ぎない。

 

①能力タイプ

3938954_s

英語研修で言うならば、まずまちがいなくスピーキング能力をいかに向上させるか、ということが現在ホットなトレンドである。もちろんTOEIC L/Rの研修の実施も質・規模ともに充実はしてきているが、その位置づけは多くの企業でほぼ固まってきているようである。

TOEIC L/Rはスコアにより大まかに三つの位置づけに分かれる。

 

・ステージA:英語やり直しの入り口(200400点台)

・ステージB:基礎力固め(500  600点台)

・ステージC:上級へのブレイクスルー(700800点台)

 

しかしこれはあくまでもテストスコア上の話であり、実際にオフィス現場で英語を使って、特にスピーキングを介してコミュニケーションする力は保証していない。企業においてTOEIC S/Wのニーズが徐々にだが着実に高まりつつあるのはこうした事情が背景にある。

 

②方向性と③求められる程度

charles-deluvio-bXqOMf5tvDk-unsplash

特にステージABにおいてテストスコアは上がったとしても、これがかならず業務のスキルに結び付くとは言えず、実際の会議での発言やプレゼンにおけるQ&Aなると、このステージの人たちには現状としてハードルが高すぎるといえよう。

そこでその次に来る研修ステップとして、オフィス現場で最低限求められるスピーキング力を身に付けるための研修が求められるようになっている。英語によるzoom会議で外国人から質問を受けた場合に、最低限の情報を返せるといったレベルのスピーキング力である。

ステージCの人は、それなりのスピーキング力を持っている。しかし彼らに求められるのは、現地法人社員のマネジャーとしてスムーズなコミュニケーションを図ったり、効果的な多文化チームビルディングを行うのに必要なスピーキング力である。単にTOEIC L/R760点をとったとしても、現実の業務ではまだ困難が多い。ここで必要となるのは、異文化理解とチームビルディングという二つのスキルと連動した形でのスピーキング力である。このレベルになると幅広い場面での力が求められ、下は会議での発信、さらには交渉や人間関係作り、また現地法人/工場の運営、管理、指導まで、高い能力が求められる。

 

④コンテンツと⑤方法論

dylan-ferreira-HJmxky8Fvmo-unsplash-2

コンテンツと方法論は非常に密接な関係にある。というのもコンテンツのタイプによって教えるための方法論が限定されるからである。弓道の技術をzoomや本では体得しにくいのと同じである。特に体と五感に基づく経験技術の伝授はICTと相性があまりよくない。

ICTはステージAB前半の人のスピーキング練習には有効に使える。聴き取り向上、基本的なレスポンスパターンの習得を含む基本会話練習であればzoomによるオンライン会話練習が有効である。しかしそれができるようになるためにはTOEIC L/R400点代後半から500点程度の文法知識は必要だろう。

問題はステージB後半とステージCである。このレベルになると、語彙、表現、イディオム、連語など多くの知識を瞬間的、かつ効果的に使いわけ、かつ主体的に話の流れを構築しながら、ソリューションの提案やネゴを行うスピーキング力が求められる。日本の英語研修では、特にこのレベルにおいて、コミュニケーション能力向上を意図し、日本人向けに特化されたスピーキング練習用コンテンツがまだ充実していない。コンテンツが確立されていないため、それに引きずられるように、このレベルではせっかくのICTの優位性を引き出だすようなスピーキングプログラムパッケージがまだ十分には開発されていない。今後はこうしたコンテンツの充実が待たれるところである。

 

 

工場社員に効果的な企業の英語研修とは?
成果を上げた企業英語研修の成功事例
企業が英語研修サービスを探す前に考えるべきポイントは?
企業の英語研修におすすめの学習教材とは?(1/2)
企業の英語研修におすすめの学習教材とは?(2/2)
企業の英語研修におけるeラーニングのメリット・デメリットを徹底解説
<企業の研修担当者必見>ビジネス英語をマスターするための2つのポイント
<企業の研修担当者必読>英語でのプレゼンテーション成功の鍵
TOEIC上級者向け(750~860点)グローバルに活躍するための効果的英語学習法(1/2)
TOEIC上級者向け(750~860点)グローバルに活躍するための効果的英語学習法(2/2)
TOEIC中級者向け(670~750点)グローバルに活躍するための効果的英語学習法
TOEIC中級者向け(600~670点)グローバルに活躍するための効果的英語学習法
TOEIC中級者向け(470~550点)グローバルに活躍するための効果的英語学習法
TOEIC初級者向け(220~470点)グローバルに活躍するための効果的英語学習法
TOEIC初級者向け(10~220点)グローバルに活躍するための効果的英語学習法
「新入社員に効果的な企業の英語研修」企画・実施の方法とは?
<企業の人事担当者必見!>英語研修の成果を測るテスト比較~CASEC、VERSANT~
企業研修向け英語学習コンテンツの選び方
企業向け英語研修~オンライン英会話の選び方
企業向け英語研修~社員のスピーキング力を上げるには
企業向け英語研修~社員のライティング力を上げるには
<企業向け英語研修>ビジネス英語と日常英語の違いとは?
<企業向け英語研修>部署別に必要な英語力とは?

※メンターが一人ひとりの学習進捗に伴走し、語学学習の習慣化をサポート。
 学習完了率90%以上の「Smart Habit Enterprise」導入をお考えの企業様はこちらをご覧ください。