英語学習の世界では「ビジネス英語」という表現が、普通の英会話または日常英語とは区別された文脈でよく使われています。実際、筆者の経験から言うと、「ビジネス英語」という言葉の定義は幅広いように思えます。

 

フォーマルなスタイル

154199_s

まず典型的な定義の一つは、そのフォーマルなスタイルだと思います。ビジネスの場合、相手に対してある程度のフォーマルさを示す必要があるため、挨拶もかしこまって「お元気ですか?」と尋ねるのが普通です。ビジネスのお客さん相手に"Whassup, dude?"(よー、お前元気か?)とは言えませんね(Whassup?What'up?がさらにくだけた米語)。

また断る場合も、相手の感情を害さないようにソフトに言う必要があります。あくまでビジネスつながりの相手であれば、立ち話が終わって別れるときも、"I got to go. Talk to later."というより"I'm sorry it's getting late. I have to go, but let's talk more about that this afternoon."のように相手を気遣う姿勢が望まれます。会議が終わったあと「オッケー、じゃああとでメールするね」はちょっと砕けすぎた感があり、"Thank you for your time today. I'll tell my boss about what we discussed today and get back to you at the end of this month."くらいは言う必要があるでしょう。

これは丁寧さと関連した問題です。丁寧なスタイルになればなるほど文が長くなる傾向があります。それは、ビジネスシーンでは、相手に対する配慮、感謝の表現、相手を助けたいという姿勢などを言語化する必要があるためです。

 

ビジネスで使われる定型句や専門用語

3323894_s (1)

この延長線上にあるのが、ビジネスでよく使われる定型句です。例えば会議を始める場合、"First I'd like to welcome you all and thank everyone for coming today."という表現がよくつかわれます。このようにビジネスにはそれぞれ決まった場面があるため、そうしたシーンでよく使われる定型句も存在しています。こうしたフレーズのグループをイメージしてビジネス英語と言っている人も多いようです。

また産業別によく使われる、やや硬い語彙や専門的な用語もビジネス英語の範疇に含まれるかもしれません。例えばプレゼンテーションなどでは"A number of factors are adduced(例示/引用される) to explain the situation"(その状況を説明するために多くの要因が例示されている)のようにcite(引用する)に代わってフォーマルな動詞adduceが使われるかもしれません。またエンジニアであればspike(波形の尖った先の部分)やoscillation(発振、揺動)のような用語を、また金融業界の人であればfutures(先物)やforward(フォワード)のような用語を使うと思います。

 

ビジネス界でのバズワード

3111116_s

最後として、ビジネス界でのbuzzword(流行語)というものもあります。customer journeyは(カスタマー・ジャーニー)は顧客が商品などを知り購入するまでの行動・思考・感情のプロセス)を表すマーケティングのbuzzwordです。またfree+premiumの合成語であるfreemium(フリーミアム)という面白い言葉もあります。これはソフトやゲームでよく使われるもので、基本バージョンは無償で提供されますが、さらなる機能を使用するには有償のプレミアムバージョンに切り替える必要があるというものです。

このようにビジネス英語は、表現方法から、場面別フレーズ、用語まで幅広い解釈があり、どのようなシチュエーションで用いられるかによって定義も変わってきます。

 

工場社員に効果的な企業の英語研修とは?
成果を上げた企業英語研修の成功事例
企業が英語研修サービスを探す前に考えるべきポイントは?
企業の英語研修におすすめの学習教材とは?(1/2)
企業の英語研修におすすめの学習教材とは?(2/2)
企業の英語研修におけるeラーニングのメリット・デメリットを徹底解説
<企業の研修担当者必見>ビジネス英語をマスターするための2つのポイント
<企業の研修担当者必読>英語でのプレゼンテーション成功の鍵
TOEIC上級者向け(750~860点)グローバルに活躍するための効果的英語学習法(1/2)
TOEIC上級者向け(750~860点)グローバルに活躍するための効果的英語学習法(2/2)
TOEIC中級者向け(670~750点)グローバルに活躍するための効果的英語学習法
TOEIC中級者向け(600~670点)グローバルに活躍するための効果的英語学習法
TOEIC中級者向け(470~550点)グローバルに活躍するための効果的英語学習法
TOEIC初級者向け(220~470点)グローバルに活躍するための効果的英語学習法
TOEIC初級者向け(10~220点)グローバルに活躍するための効果的英語学習法
「新入社員に効果的な企業の英語研修」企画・実施の方法とは?
<企業の人事担当者必見!>英語研修の成果を測るテスト比較~CASEC、VERSANT~
企業研修向け英語学習コンテンツの選び方
企業向け英語研修~オンライン英会話の選び方
企業向け英語研修~社員のスピーキング力を上げるには
企業向け英語研修~社員のライティング力を上げるには

※メンターが一人ひとりの学習進捗に伴走し、語学学習の習慣化をサポート。
 学習完了率90%以上の「Smart Habit Enterprise」導入をお考えの企業様はこちらをご覧ください。