こんにちは、江藤友佳です。本日は私の書籍のご紹介を兼ねて、英数字についてお話します。

普段、英語でプレゼンテーションを行う支援を行っていますが、案外盲点なのが、英数字。
データを説明するときや事業計画について説明するときに大きな数字が出てきますが、日本語と英語は数字の読み方が違うので、スラスラ口に出せない方が多いのです。

大きな数字の読み方


数字画像1
英語の大きな数字は、1つ1つのカンマに名前がついていると考えるといいでしょう。million, billion, trillion, quadrillion, quintillionと続きます。ほとんどの場合、million, billion, trillionを抑えておけば表現できますので、まずはこの3つのカンマを言えるように何度も口に出して練習しましょう。

123兆4567億8912万3456はone hundred (and) twenty three trillion, four hundred (and) fifty six billion, seven hundred (and) eighty nine million, one hundred (and) twenty three thousand, four hundred (and) fifty six と読みます。100の位のあとにandを入れるのがイギリス式、andを省略するのがアメリカ式と言われていますが、実際のところアメリカではandを入れたり入れなかったりと厳密な決まりはありません。


大きな数字の表し方


4011255_s
大きな数字は資料上でスペースを取りますし、あまり厳密に報告しなくていい場面では、簡易化して表記します。そんなときに登場するのがMとK。Mは100万を意味し、Kは1,000を意味します。MはmillionのM、Kはkiloの語源と同じです。

例:
$1K = 1,000ドル
$10K = 10,000ドル
$100K / $0.1M = 100,000ドル
$1M = 1,000,000ドル

数字を使ったイディオム

5.pixta_39787202_M 選ばれる理由3
ビジネスシーンで数字が入ったイディオムが使われることは結構多いものです。例えば、私が参加した会議ではこんな表現が出てきました。

例文: I think we need to zero in on this point.
訳文: この点に(議論の)焦点を絞るべきだと思います。
表現: zero in on ~  【~に集中する・焦点を絞る】

例文: I know we all have differing views on this issue. That was just my two cents.
訳文: この件について異なる意見があるのは理解しております。以上、私の(つまらない)意見でした。 
表現: two cents  【意見】
※justを入れることで「たいしたことのない」「つまらない」といった謙遜表現になります。

例文: This product is second to none.
訳文: この商品に敵うものはありません。
表現: second to none  【敵う人・物はない、並ぶものはいない】

例文: This is really a catch-22.
訳文: これはどうにもこうにもならないね。
表現: catch-22. 【規制や法律でどうやっても無理、こっちを立てればあっちが立たず、理不尽など、身動きがとれないような状態】

会議でこのような表現をネイティブスピーカーが使っていても、そのままスムーズに議論に参加できるようになるといいですよね。ぜひ数字を含む表現に目を向けてみてください。知っているようで知らない数字をもっと身近に感じ、使いこなしていただけるように、数字に特化した本を書きました。興味を持たれた方はぜひ書店でお手にとってみてください。



数字画像2

江藤友佳著『英語の数字ルールブック』

(クロスメディア・ランゲージ 2021年)

 

 

執筆者:江藤 友佳(えとう ゆか)
Y.E.Dインインターナショナル合同会社CEO 

クレアモントマッケナ大学卒業後コロンビア大学大学院ティーチャーズカレッジで修士号を取得。英語教授法について大学時代に故ピーター・ドラッカーの授業を受け、組織開発に興味を持ち、PwCコンサルティングに入社。SCM部門の配属からHR部門に異動できず、人材育成に関わることもできる研修業界へ転職を決意。株式会社アルクで教育教務主任として多くの教材作成や企業研修、教員研修を担当した後に、楽天様で英語化プロジェクトのco-leaderとして社員教育に従事。英語教育事業部の立ち上げ支援後に独立し、現在は教材制作の下請けやアドバイザリーサービスを提供している。

著書:『ロジカルに伝わる英語プレゼンテーション』

---------------------------------------------------------------------------

 

リーディングについて

ネイティブのように前から情報を理解できる! スラッシュリーディング・スラッシュリスニング

・スラッシュリーディング応用編~長文の一文字一句を読まない! 省エネモードを使うべきところを把握

・<企業の研修担当者必読>英語の長文を速く読解できる手法~ ScanningとSkimming~

■スピーキングについて

<企業研修における英語力育成戦略>初中級者のスピーキング練習法

・<企業研修における英語力育成戦略> 中上級者のLinguaskill Business Speaking対策

・<企業の研修担当者向け>スピーキングテスト対策~時制をマスターせよ~

・<企業の研修担当者必見>グローバルパーソンが身につけたい話し方

・<企業の研修担当者必見>英語スピーキング力を上げる書籍活用法

・<法人向け英語研修>副詞の場所に注意を向けて、自然な英語を話そう!

・<法人向け英語研修>動詞のニュアンスを伝えるのに必要な助動詞をマスターしよう!

・<法人向け英語研修>音声認識機能を活用した発音矯正法

・<法人向け英語研修>【スピーキングの基本】イントネーション

■Linguaskill Businessについて

・運営しやすい高品質ビジネス英語テスト「Linguaskill Business」

■TOEIC®SW試験について

・ビジネスで戦力となる英語力を見極める TOEIC®SW試験とは

ビジネスで戦力となる英語力を育成する TOEIC®SW目標設定

・ビジネスで戦力となる英語力を育成する TOEIC®SW学習法

■英語学習法

・単語学習のコツ

 

Smart Habit Enterpriseの資料ダウンロードはこちら